カレー粉

マグロ

ハッピークソバレンタイン

バレンタイン。
それはリア充の一年に一回来る楽しみ。
バレンタイン。
それは恋する乙女の勝負の日。
バレンタイン。
そしてそれは私の中に憎悪や憎しみが溜まる1番の日である。



なにがバレンタインだ。




ちょっと調べたら1936年の「ザ・ジャパン・アドバタイザー」という雑誌に始めてバレンタインにチョコを渡すようにする広告が載ったらしい。
ガバガバソースなので詳しく知りたい人は自分で調べて。




私はこの雑誌を許さない。




化粧やムダ毛処理なんかもそうだが、初めにしようとした人は何故こんな面倒な事を始めようとしたんだ。



暇だったの?


ナマコやウニを初めて食べようとした人は普通にすごいと思うけど。




兎にも角にも最初に初めた人がいなければこんなリア充大勝利イベントは無かったわけだ。


リア充になれない自分が1番悪いのだがそんなんは知らん。


まずバレンタインっていう単語が気に食わない。

バレンタインっておしゃれな名前じゃなくて、とりあえずチョコ渡してニキビだらけになる日とかでいいんだよ。

バレンタインで盛り上がってる女も嫌い。


告白するなら誕生日にしろ、
食べ物で釣るな。


なにが友チョコだ。

私には友達がいないんだよ。

ホモチョコは・・・






すごく、良いです。










バレンタイン。

チョコ。


告白。

 
そうだ、告白しよう。


私は何故こんなにバレンタインが嫌いなのか。



告白だ。


良かったらみてほしい。














中学生の時に友人伝いで好きな人にチョコ渡したらお返しが!!!!!!!!!!!!!!!




ビニール袋に入った!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


板チョコ一枚だったんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





それ以来バレンタインがトラウマなだけなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



死にたーい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!